スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sep.7,2010 「インセプション」 

Inception2.jpg

「インセプション-Inception-」(2010 Christopher Nolan)
 公式サイト

おもしろい!
「夢」がテーマということで、行かない訳にはいかないとは思ってたけど、
忙しくて観るのが遅くなってしまった。
とにかく脚本がすばらしい、映像も。
「胡蝶の夢」はお馴染みだが、ノーラン監督はボルへスに着想を得たらしい。
ほんとに良く出来ている。夢三昧を楽しんだ。

個人的に「夢」とは関係が深すぎて、純粋なSFとしては鑑賞できなかった。
2段階までは行くことはよくある。
3~4段階は行ってるかもしれないけど明晰な記憶なし。

ドンパチ過剰、その他もろもろは、
ハリウッドマーケティングだから仕方ないのかな。

渡辺謙は、すごい存在感を出して好演してた。判官贔屓じゃなく。
ただ英語に関しては、家族が英語喋ってるのを聞いている感じで、
ちょっと落ち着かなかった(笑)。
(ラストサムライ時よりは進化。上から目線すみません)
デカヨメ役のモルだって仏訛り(たぶん)なんだから、
ぜんぜん訛ってもいいんだけど。

しかし、昨今のTHXだのSDDSだの、立派な施設で観るクセがついてしまった。
ほんとはアナログも好きなのに…。
すっかりやられてしまっている。

平日の昼間だったので劇場はガラガラ。
ぜひ劇場で。




スポンサーサイト

Aug4,2010 「めがね」 


img_738184_6203002_2.jpeg


「めがね」
(2007 荻上直子監督)
公式

黄昏の世界を描いていた。あの世みたい。良い意味で。

July 19, 2010 「パッセンジャーズ」 

d71c05dcff0f915f4f9e2b7cc1c2d1b5.jpg

「パッセンジャーズ -passengers」
 (2008 Dir.Rodrigo Garcia)

日本ではあまり話題にならなかった気がするけど、良かった。
どんでん返しを先に知っていたという、
ちょっと苦しい鑑賞だった。
映像はとても美しい。
アン・ハサウェイがちょっときれいすぎる気がしたけれど、
キャスティングがとてもいい。

若いころ大好きだったガルシア・マルケスの息子が
監督という発見もあった。
ドラマ Six Feet Underもロドリゴ・ガルシアが監督と知った。
キャスティングの妙と映像美はなるほど共通。

プルートゥ PLUTO  (1)から(7)まで。 

PLUTO (1)PLUTO (1)
(2004/09/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る



強く勧められて一気に読んだのだが、悲しい。悲しすぎる…。
手塚治虫はもちろんだが、
浦沢直樹もよくぞ膨らませてくれた!という感じ。
主人公たちはみなすばらしいが、
美しく、優しく、もっとも強い、
エプシロンの生き方が理想かもしれない。

立て続けに読んで、
「ええっ!?それじゃ、アトムは、地球は、どうなるのっっ!?」
ってところで7巻終了。
ああっ!続きが読みたいっ!

こういう時はやっぱり原作かと思って、
鉄腕アトム「地上最大のロボット」を探したが、古本だし高価。
すると、豪華版PLUTOの1巻のオマケについているらしいことを知る!
読みたい!
でも勧めてくれたひとはネタバレだから、我慢したほうがいいという。
どうしよう…(笑)。


PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャルPLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル
(2004/09/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る



いずれにしても、
6月の8巻(最終巻)発売が待ちきれない。
嗚呼、エプシロン…




「スラムドッグ$ミリオネア」 

「スラムドッグ$ミリオネア -Slumdog Millionaire-」
(2009 Danny Boyle)


Slumdog Millionaire

Trailer

公式サイト


事実なだけに、残酷な部分も多かった。
でも子どもたちの、たくましい生きざまに惹きつけられた。
それは、戦後日本が失って久しいもの。。
映画の構成、音楽、カメラワークなどすばらしい。
トレイン・スポッティングを彷彿させる疾走シーンが、好きだった。
しゃれた構成でありながら、
ボリウッドへのオマージュも、いたるところに。

一方、政府によって、スラムが強制撤去され、
子役やエキストラの少年少女たちが家を失ったというニュースを読んだ。
インド当局が、オスカーの栄誉をたたえて、
住居を提供する約束だったというが、
まだ果たされていないという。
映画で子どもたちの表情がすばらしかっただけに、
とても悲しい気持ちになった。


「行くところがない…」スラム撤去でオスカー子役が路上生活



| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

archive

profile

cielo

Author:cielo
写真機付携帯、又ハ、デジタル写真機ニヨル覚エガキ。日々log。
砂浜ヲ歩ク贅沢ヲ謳歌シテイマス。Doblogカラノ移住民。

update





comment

track back

category

bookmark

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム



現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。