スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、Doblogさん。 

May30,2009doblog


ひとつの区切りとして記録しようと思う。
これからの、わくわくな人生のために!
ありがとう。さよなら。こんにちは。



++
追記 2009.5.31 00:05現在
Doblogの消滅を確認しました。
黙祷。




スポンサーサイト

雨の日曜日の波の音。 


May26,2009sea1


金曜日。やめとけばいいのに夜遊び。
土曜日。休養するだけで1日終わる。
日曜日。ライフワークと家事に終始。


雨の日曜日の波の音。

今日の空は、海とつながってた。




網戸ごしの空。 

May20,2009sky1


仕事をしていると、いい風がふいてきます。
そういうのって、かなり重要だと思う。
建物が低層だということも。
ここで「人間らしい暮らし」をしながら、
「面白いこと」も出来れば、いちばんいいんだけどなぁ。
両立してる人は、かなり努力してる感じ。



夕空。 


May18,2008sky1


今日はかなりハードだった。
でも、夕方外に出た時に空を見あげたら、
鳳凰みたいな雲が羽をひろげてた。

理由はないけれど、大丈夫なのかなぁ。
今日は寝よう。





5月の風の強い日曜日の風の音。 

May17,2009sea1


尋常じゃない強風が吹き荒れた。
ウィンドのひとたちと鳶くらいだよ、楽しそうなのは。
普通の人たちは立ってるのがやっと。。。。
今日は講座3つ。
明日から忙しくなるなぁ。
今日は早く寝ようっと。


5月の風の強い日曜日の風の音。


およばれ。 

May16,2009rose1


すてきな薔薇の庭を持つ大先輩から
夕食のお招きをうけた。
多忙で責任のある仕事を持ち、
家庭を守り、料理の腕も玄人はだし。
季節折々の花が楽しめる庭の手入れも抜かりない。
ううーん。。。尊敬。。。


プルートゥ PLUTO  (1)から(7)まで。 

PLUTO (1)PLUTO (1)
(2004/09/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る



強く勧められて一気に読んだのだが、悲しい。悲しすぎる…。
手塚治虫はもちろんだが、
浦沢直樹もよくぞ膨らませてくれた!という感じ。
主人公たちはみなすばらしいが、
美しく、優しく、もっとも強い、
エプシロンの生き方が理想かもしれない。

立て続けに読んで、
「ええっ!?それじゃ、アトムは、地球は、どうなるのっっ!?」
ってところで7巻終了。
ああっ!続きが読みたいっ!

こういう時はやっぱり原作かと思って、
鉄腕アトム「地上最大のロボット」を探したが、古本だし高価。
すると、豪華版PLUTOの1巻のオマケについているらしいことを知る!
読みたい!
でも勧めてくれたひとはネタバレだから、我慢したほうがいいという。
どうしよう…(笑)。


PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャルPLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル
(2004/09/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る



いずれにしても、
6月の8巻(最終巻)発売が待ちきれない。
嗚呼、エプシロン…




金曜日 

May15,2008sky1


しばらくのんびりしてたけど、
来週からまた忙しくなりそう。
地球が、世の中が、激変してるんだから、
個人だって、変わらないといけないはず。
さぁ、どこまでこの動きについていけるのか、
ありがとうを忘れず、がんばろうっと。


今日の空。 

May14,2009sky1


May14,2009sky2


May14,2009sky3

お昼は山にのぼって肉体労働。
今日もいい海の風景だったけど、
バスの時間が迫ってたので写真はなし。

夕方から髪を切りに都内へ。
伸びたな~とは思っていたが2ヶ月ぶり。

風が強くて電車止まりまくり。
何押し流してんだろうね。

帰りの電車の中で隣の方が、
マスクの下でずっと咳き込んでいた。
大丈夫だろうとは思うものの
なんとなく不安になる。
今のところ弱い菌らしいけど、秋が心配。


「スラムドッグ$ミリオネア」 

「スラムドッグ$ミリオネア -Slumdog Millionaire-」
(2009 Danny Boyle)


Slumdog Millionaire

Trailer

公式サイト


事実なだけに、残酷な部分も多かった。
でも子どもたちの、たくましい生きざまに惹きつけられた。
それは、戦後日本が失って久しいもの。。
映画の構成、音楽、カメラワークなどすばらしい。
トレイン・スポッティングを彷彿させる疾走シーンが、好きだった。
しゃれた構成でありながら、
ボリウッドへのオマージュも、いたるところに。

一方、政府によって、スラムが強制撤去され、
子役やエキストラの少年少女たちが家を失ったというニュースを読んだ。
インド当局が、オスカーの栄誉をたたえて、
住居を提供する約束だったというが、
まだ果たされていないという。
映画で子どもたちの表情がすばらしかっただけに、
とても悲しい気持ちになった。


「行くところがない…」スラム撤去でオスカー子役が路上生活



| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
04« 2009/05 »06

archive

profile

cielo

Author:cielo
写真機付携帯、又ハ、デジタル写真機ニヨル覚エガキ。日々log。
砂浜ヲ歩ク贅沢ヲ謳歌シテイマス。Doblogカラノ移住民。

update





comment

track back

category

bookmark

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム



現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。